スコティッシュフォールドは小さいころよりは聞き分けが良くなりますが

猫などの猫種は、無駄鳴きのような行為を容易にする猫らしいです。従って、無駄鳴きをしつける時は「手がかかる可能性も大いにある」と覚悟したら逆に楽だろうと思っています。
飼育に関しては、賞賛するのが一番ではないでしょうか。そもそもアメリカンショートヘアーは、賢く陽気な性格ですから、良いところをさらに伸ばすようなしつけ法などが最適でしょう。
愛猫のしつけは、鳴く・噛むのは、理由が何でそのように吠え、噛むのかを見極めてから、「鳴くのはダメな事」「噛むのは悪い」という風なしつけをすることが大切だと思います。
黒い毛を持つアメリカンショートヘアーが他の色よりも一番聡明だと言われたりします。このため、しつけやトレーニングもスムーズにできるという長所があるみたいです。
トイレトレーニングのしつけで数回褒美をやることをやったら、飼い主の褒めたいという意識が了解されているのかを確認する必要があります。

猫が噛むという行為が愛情の表現ではあっても、猫として生きるという限り、噛むことは危険行為です。きちんとしつけていかないといけませんね。
基本的に無駄鳴きが少なくて、人になつきやすいし、飼いやすいマンチカン猫なのですが、ある程度の大きな猫であるため、主従関係を習得するしつけを大切に、大事なしつけもきちんと実践してください。猫のおしっこが臭い場合

世間には可愛いから、人気のあるブリティッシュショートヘアの子猫を飼うことにしたけれど、猫のしつけなどはどうしたらいい?といった話なんかをしばしば聞いたりします。
全般的に時間が経っていけば、スコティッシュフォールドは小さいころよりは聞き分けが良くなりますが、しつけが不十分だったりすると、成長過程で我儘になることもあるでしょう。
飼っている猫のしつけで苦労している人は、問題点を可能な範囲で納得して、猫の性格を見極めることが大変重要じゃないでしょうか。

ただ甘やかすのではなく、小さいうちから適切にしつけをしていたら、世の中には猫ほど飼い主に従う猫などいない、というくらいに飼い主に従ってくれることでしょう。
多くの場合、ルールのあるゲームは、マンチカン猫のしつけに適しています。飼い主の主人とマンチカンが一団となって信頼関係を深めつつ、たくさんのことを学習できるでしょう。
叱るよりも褒めあげたほうが、スコティッシュフォールドのしつけ時には良い効果などあるんじゃないでしょうか。しつけの時は本気で褒めてみるのが大事でしょうね。
子猫と共に幸せに暮らすには、早くから猫のルールを完ぺきに教えることが、何と言っても大切だと考えます。最後まで的確にしつけてくださいね。
噛む猫というのは、恐らくしつけと言って体罰をしたり、自分勝手を許容したための猫と主人との主従関係の逆転が原因のようです。今思い返すと、甘噛み行為をほったらかしにしていたのでは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    メタ情報

    GiottoPress by Enrique Chavez