トイレトレーニング

賢い猫種のアメリカンショートヘアーの場合、育て方には苦労話はほとんどないらしいです。子猫の頃からのトイレトレーニング、基本的なしつけも、無理なくやり遂げるはずだと思います。
愛猫の無駄鳴きなどは、つまり鳴く必要などない時に鳴く行為、または猫の飼い主が吠えてもらいたくない場合に鳴く行為ですから、是非ともしつけたいです。
しつけを行う際の要注意点ですけれど、1度でもスコティッシュフォールドに手を上げたりしては危険です。恐怖が大きくなって、人に対して心を閉ざしてしまう猫に成長するということも聞きます。
幸せな子猫時代を過ごせずにいたために、自分勝手な行為を垣間見せる猫でさえ、しつけトレーニングをやり続けると、いずれトラブル行為がなおるようです。
例えば誕生間もないブリティッシュショートヘアといっても、育てだしたタイミングから、いえ、実際には飼い始める前の準備の時からしつけ自体はもう始まっているのです。

ふつう、屋内で猫を飼う猫の飼い主の皆さんには、トイレのしつけトレーニングは大切な任務の1つです。子猫を家族に迎える最初の日から、スタートして頂くことが望ましいです。
ちゃんと威厳をもつようにしつけると、アメリカンショートヘアーはリーダーである猫の飼い主の指示をまちがいなく守るというように繋がるでしょう。
一般的にブラックのアメリカンショートヘアーは、他の毛色と比較してトップで賢いとみられています。なのでしつけの際もすぐに覚えるという状況にあるのではないでしょうか。
子猫の時期がしつけるのに最適だと考えます。私たち同様に、月日が経っていろんな経験もある成猫よりも、子猫たちのほうがより簡単にしつけられるのは、自然だとも考えませんか?
ベンガル を飼うようになって、最初にするべきなのはトイレのしつけですが、要領の良い子から悪い子まで、いろんな子猫がいると思います。すぐにはできなくても心配せずにゆっくりとしつけていくべきだと思います。

高揚して噛む猫をしつけるようなときは、ドンと構えて、声を低めて少しずつ向き合うことが必要です。声を荒げてしつけようと試みても、噛み癖は残ったままでしょう。
猫の噛む行為が愛情の現れだったとしても、人間社会で生きるのであるから、猫が噛むということは大変危険ですから、猫の飼い主はちゃんとしつけをしなければいけません。
愛猫のしつけは、鳴く・噛むという行為は、どんな訳があってそうやっているかという点を観察しつつ、「鳴くのはだめ」「噛むのはダメな事」というようなしつけをすることが良いでしょう。
基本的に、鳴く猫のしつけのみならず、あらゆるしつけに通じることですが、猫に必要なことをしつけた後に褒める際は、賞賛してくれる相手次第で、その結果がかなり違うというのですから驚きです。
しつけのトイレトレーニングは猫が来た日から即刻始めるべきです。さあ、今日からでもトイレをしつけるための用意といったものをするべきです。消臭スプレーで犬のニオイ対策をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    メタ情報

    GiottoPress by Enrique Chavez